adults_swimming

大人スイミング

大人スイミング

楽しみながら何歳からでも泳げるようになる

子どもの頃、学校の授業で泳げなかった。そんな経験から泳ぎに対して苦手意識を持っている大人の方もいると思います。過去に泳げなかったとしても、年齢がいくつになったとしても、しっかりと段階を踏んでいけば誰でも何歳からでも泳げるようになります。自分に合ったやり方でチャレンジしてみましょう。



CASE①
パーソナル指導で泳げるようになる

泳げないところを人にあまり見られたくない。そんな方にはパーソナル指導がオススメです。潜ること、浮くこと、進むことと段階を踏んだ指導で、顔つけもできなかった高齢の方が泳げるようになったというケースもあります。

CASE②
仲間と楽しむことで泳げるようになる

同じ時期にクラスに入った仲間と楽しく練習をする。大人になってからできた友達とのコミュニケーションが楽しいから継続できる。楽しんでいるうちに自然と泳げるようになったという方もたくさんいます。

泳法

  • クロール
    ~正しい姿勢を身につける~
    クロールは4泳法のなかで、もっともスピードが速く、HSWスイングで最初に習う泳ぎでもあります。両腕、両足をしっかり動かすことは4泳法すべてに必要なことなので、他の泳法につなげていくためにも、クロールで手足をバランスよく動かすことを覚えるのが大事。また、クロールは基本姿勢が一番大事な泳法でもあります。正しい姿勢を身につけて、次のステップに進みましょう。

  • 背泳ぎ
    ~あお向けで水に入ること怖がらない~
    他の泳法と異なり、背泳ぎは上を向いた状態で泳ぐため、前を見ることができません。そのため、最初のうちは怖く感じる方もいるかもしれません。しかし、背泳ぎはリラックスした状態で水平姿勢をキープできれば浮くことができます。浮くことさえできれば上を向いているため呼吸は制限なくできます。あお向けで水に入ることを怖がらず、体を浮かせることが最初に一歩となります。

  • 平泳ぎ
    ~足の使い方がポイント~
    平泳ぎは、クロールや背泳ぎとは、手の動き、足の動きがまったく異なります。キックはバタ足ではなく、足をしっかり返して蹴らないと平泳ぎにはりません。上達のポイントは足の裏に水をひきつけて、しっかり蹴ること。クロールや背泳ぎとは違う足の使い方を覚えることが大切です。

  • バタフライ
    ~学校では習わない泳法~
    バタフライは学校の授業では教わらない泳ぎなので、スイミングに来て初めて体験する方も多くいます。難しいイメージもあるかもしれませんが、他の泳法をマスターしてからなら問題なし。クロールの手が一緒に動く、クロールのバタ足が一緒に動く、そんなふうにイメージするといいかもしれません。手足を動かすリズムを大事にして、キックを打つタイミングをつかめば、スムーズにできる泳ぎです。

水中運動

関節にかかる負担が少なく
リハビリにも効果的!

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は肥満防止や、高血圧の解消に効果があると言われています。こうした運動が大切とわかっていても、ひざ痛や腰痛があるとなかなか実行できないという方もいることでしょう。そんな方でも無理なく有酸素運動ができるのが、プールでの水中運動です。
水の中では浮力があるため体が軽くなります。歩いたり、跳ねたりするとき、水の抵抗があることで動きがゆっくりになるため、ひざ関節や腰部に瞬間的に大きな負荷がかかることはありません。関節にかかる負担が少ないので、リハビリとして水中運動を取り入れる方も増えています。

戻る

店舗一覧